歴史観光でより学ぶ

歴史観光は博物館も良い

観光で訪れた土地を博物館で知る

博物館は国や都市、地方の歴史や産業、文化を知るための施設として利用価値の高い施設といえます。日本国内には文部科学省の調査によれば類似施設を含めると5000以上の施設があります。観光などで訪れた土地を知るためには博物館で情報収集をするのが便利です。そこには歴史、自然、産業、文化などがわかりやすく展示されています。観光はその情報の中で興味を惹かれるものから見学や体験をしてみるのもよいでしょう。文化は深くその他の要素と関わりながら訪れた者に直接に響いてくるものです。たとえば食べ物もそのひとつです。初めての土地ではマーケットに足を運んでみるのもひとつの方法です。その土地で愛される調理材料や料理法、お菓子などを手にとってみるとよいでしょう。きっとその土地に生活する人々の一端を知ることでしょう。

歴史を知るなら博物館へ

観光は未知なるものを体験する行為ともいえます。そのため、各地の歴史的遺構や建造物を見て回る人も少なくありません。しかし、夏場の暑さは身に堪えますし、日焼けも心配です。冬は冬で、寒さから体調を崩したり、路面凍結などによる交通のトラブルに遭う可能でもあります。その点、博物館なら年中エアコンがきいていますので、快適に歴史を知る観光旅行を楽しめます。その場所にしかないもの、また、期間限定の展覧会などもあり、遠くまで足を運ぶ価値は十分にあるといえます。家族連れにも最適で、お子さんの知的好奇心を刺激すること間違いなしです。

↑PAGE TOP